■ヴァイブレーション!攻略ページ■


※注意:このページには、ゲームのネタバレ要素が多少含まれています。
ご了承の上、ご覧ください。




■攻略の基本■

金策

序盤〜中盤は下着の売却が主な収入。
ある程度淫乱度が上がった状態だと下着が濡れやすくなるので、できるだけパンツのみに近い格好で戦闘を行う。
敵の強さは関係ないため、上下装備を外した状態でで根津市内の魔物相手にGuardを続けていればすぐに汚すことができる。
興奮・発情していると更に汚しやすくなる。
また、売却時にはできるだけ売る下着を履いた状態で。
1割増しで買い取ってくれる上、更に買い取りクリティカルが発生し、1.5倍で売れる事も。

中盤以降は淫乱度も上がり仲間も増えてくるのでビデオ出演もかなりの稼ぎになる。
一日当たりの金額はそうでもないが、宿泊する度にもらえるので積もり積もれば数十万円に。
また、サヤのDPに余裕が出てきたらフィールドでバイブを挿入し、歩きまわると簡単に汚れマックスの下着を作る事ができるように。サヤの適正下着「水色水玉パンツ」を多めに用意しておくと良い。

終盤は敵からのドロップのお金もバカにできなくなる。
秘石集めも兼ねて、戦闘を行うと効率よく稼げる。
この時にユル(収穫)のルーンや、獲得金額アップのスキルを持った仲間がいると更に効率アップ。
もちろん、戦闘中にも下着はがんがん汚そう。
装備品・武器
装備でまず最重要なのはやはり武器。
武器には物理三属性があり、相手によって有利不利が変わる。 が、相手によって持ち替えるのはボス戦くらいで、雑魚戦ではゴリ押しで十分対応できる。
そのためにも、武器の精錬は最優先で行いたい。 キャラ毎のオススメの武器は
■サヤ
・斬撃ではその時に売っている一番良い刀。序盤は、精錬が10で完成してAGIも上昇するキクイチモンジがオススメ。中盤以降はドウジギリを装備してMAGも上げておくとINCERTスキルの威力もアップできる。
・打撃ではまずはローズウィップ。全体攻撃ができるため、少し鍛えて常備しておくと雑魚戦が楽。特に仲間がレンカの時は鞭がオススメ。スタンウィップが買えるようになったら、+10まで鍛えたスタンウィップで終盤まで通用する。
・突撃では弓となるが、元々AGIの高めなサヤではメリットが少ない。ただ、練気の弓はDP回復効果もあるためかなりオススメ。

■レンカ
・武器は割と何でもいい。元々のATKが低すぎて、何を装備しても火力にはなれない。そのため、とにかくMAGの上がる杖がオススメ。高威力の武器を装備すれば、サヤの撃ち漏らしに止めを刺すくらいはできるかも。
それにしてもやはり、MAGを上げて唯一の攻撃スキルである”地母の誘い”の威力を上げたほうがまだ戦える。

■クズハ
・ぬいぐるみしか装備できない。ぬいぐるみを外すと泣き出してしまい、一切の命令を聞かなくなってしまう。
ぬいぐるみは+20まで精錬でき、しかも精錬価格が安いため、お手軽に超火力を出す事ができるようになる。
地味に固くもなるので、ある意味バランスブレイカー的な強さに。

■ナオキ
・基本的には闇を紡ぎし筆のままで良い。他の武器も装備できるが物理スキルを持たないので活かしにくい。
ATKもMAGも両方を上げる事で雑魚戦では通常攻撃・ボス戦でスキル攻撃と使い分けて戦える。

■イオリ
・終盤までずっと、初期装備のスタンウィップの精錬で行ける。剣も使えるため、エッケザックスをある程度鍛えて持たせると面白いようなダメージが出るように。一見、鞭が得意そうだが実は最終的には剣の方が向いている。

■ミネウチ
・初期装備のモーニングスターを+12にまで鍛えれば最後まで十分すぎる火力が出せる。 元のATKが異常に高いため、成長すれば枝ですら終盤の敵も一撃で粉砕できるようになる。
装備品・防具
■首飾り
DEFを上昇させる重要な防具。敵の多用する物理攻撃のダメージを減らすため、できるだけ良い物を装備したい。
精錬による上昇値も大きいため、水晶の首飾り辺りをフル精錬した方がそれ以上高い首飾りを精錬するより安く済む。

■指輪
SPIを上昇させる重要な防具。物理攻撃と比べると頻度は低めだが、ダメージの大きい魔法攻撃のダメージを減らせる。
弱点を突かれると一気に大ダメージを受ける事も多いので、できる限り鍛えたものを装備したい。
こちらも、シルバーリング辺りを精錬するとコスパの良い防具になる。

■護符
防具の中では最重要と言える装備。状態異常を防ぎ、HPをアップさせる。
特に有効なのは恋愛成就のお守り。興奮・発情を防ぐため、DPの大量消費を防げる。
ただしこれを装備していると興奮したい時にもできないため、複数のお守りを+20まで精錬しておきたい。
精錬代も安く、最大まで鍛える事でHPが42も上がる。
属性ガードの各種護符も、ある程度は鍛えておきたい所。相手によって護符を変える事で格上相手にも有利に戦える。
ボス戦ではかなり重要となる。

■ルーン
精錬ができないため効果は決して大きくはないが、地味に効いてくる装備。
価格が安いため、常に一番良い物を装備しておきたい。
物理攻撃系のキャラにはATKかAGIが上昇するルーンを。魔法系のキャラにはMAGが上昇するルーンがオススメ。
また、クズハにDEF、ミネウチにSPIなど弱点を補うのに使うのも手。

※これ以降はネタバレ要素を含むためご注意ください。

ゲーム攻略のコツ
■根津市
内容の攻略については付属のテキストをご覧ください。
ここではまず、とにかく「戦えるようになる」ための準備をしましょう。
下着を売ったお金で、無銘の刀を買うとひとまずサヤは戦力になります。
レンカ救出後は、まず最優先でレンカのスキルを覚えると良いでしょう。特に「癒しの願い」「痛みの報復」「魔反の祈り」は必須とも言えるスキルです。
これらを覚えてから、次の失川村に向かうと攻略はスムーズになります。

■失川村
イベントでレンカが外れるため、またサヤ一人に。役場へ行く際にはあんパンを多めに持って行くと良いでしょう。また、眠りの状態以上がやっかいなので対策をしていきましょう。
ボス戦では、当たらなくてもいいからとにかく攻撃。
攻撃するたびにイベントが起こり、ボスの無敵状態は解除されます。
そうなってしまえば、相手はただのひ弱な人間。
サヤの敵ではありません。

■取浜町
序盤の難関、ジャスキーです館内はマップも広く2階建てとなっており、そこそこの長期戦となります。しっかりと回復アイテムなどを準備していきましょう。
ボス戦は、そこまでたどり着ける実力があればそんなに苦労はしないと思います。
戦力的に厳しい場合は、風属性攻撃への対策をすると楽になります。特にサヤは風属性弱点なので、風の護符を手に入れている場合は装備しておくと保険になります。
また、このボスは倒してしまうとバッドエンドになります。Hシーンもなくただ胸糞悪いだけのエンディングであるため、倒さないように注意しましょう。

■憂差市
まずは情報収集です。マップ北東の、水族館付近の生き残りから話を聞かないと水族館へ入れません。
水族館の中を進むにはクズハが体操着+ブルマを装備する必要があるため、準備をしていきましょう。ボスは、サヤとクズハのタッグが相性抜群の水属性。レオンで軽く蹴散らしましょう。
続いて病院ですが、入るための条件はレンカがナース服・白いパンスト・純白パンツを装備していることです。
院内ではイベントが起き、レンカが不調そうですが戦闘では特に問題は発生しません。
ガンガン進みましょう。この時、レンカの装備が変更されると強制的に外へ出てしまうのでご注意を。
ボスはそこそこ強敵ですが、サヤが攻撃・レンカが回復としっかり役割を果たせば勝てない相手ではありません。

■埋櫃区
仲間が2人も増えるマップです。区内に入ってすぐにイベントが発生し、ミネウチ・イオリと出会います。
イベント後、イオリが加入します。その後警察署へ向かう事になるのですが、その前に必ず埋櫃駅へ寄りましょう。警察署へ入るための条件のヒントも見られます。
駅へ寄った後は、駅からマップ上に見えているランジェリーショップへ。イオリ専用のLサイズのセーラー服などが売っています。
警察署へ入るための条件である、イオリがセーラー服・制服スカート・ピンク水玉パンツを満たしておきましょう。インキュバスが頻出するこのマップでは道中で破れられてしまう可能性も高いため、用意した衣装は署の前へ着くまで取っておくか、破れたらすぐに裁縫セットで直しましょう。
署内のボス戦では、頻繁に「興奮」状態が発生してしまいます。恋愛成就のお守りがあれば簡単にクリアできるため、用意しておくと良いでしょう。
■去取区
まずは4つのヒントを集めます。ぐるぐるマップを見ながら、生き残りを訪ねて回りましょう。4つのヒントを集めたら、マップ南西にある「サヤ」と書かれた所へ行き、矢印に触れるとイベントが発生します。
4つの条件を満たすとまたイベントが発生し、別のマップへ移動します。
この条件は、1.サヤ一人である事 2.全裸である事 3.キューティーを持っている事 4.発情状態になっている事 です。
1,2についてはすぐにできます。3のキューティーは、ビデオショップでアダルトグッズとして購入する事ができます。4の発情状態については、サヤがビデオに出演していれば覚えているはずのスキル「Hな回想」を2回使用する事でなる事ができます。「Hな回想」がない場合・取得したくない場合は、サキュバスやインキュバスなどの敵から媚薬攻撃を受ける事で鳴ることができます。
ダンジョンは割と短いですが、ボスは中盤の大ボスとも言える強敵です。サヤが2ターンに一度行動不能になるため、パートナーは慎重に選びましょう。属性的に有利なクズハや、強力な魔法を反射できるレンカは相性が良いです。逆にイオリにとっては相性が最悪の相手となっています。

■乾区
ここからが本番、と言える難易度になっています。区内へ入ってすぐ、難敵との戦闘イベントが発生します。
ただしこのボス、運命のいたずらか…サヤとの相性が非常に悪いのです。
サヤがいる限り、ボスの使用する混乱魔法は一切効きません。更に、サヤの水属性INCERTスキルは面白いように決まります。とは言え元々のパラメータが非常に高いため、全力で当たりましょう。
パートナーはイオリ・ナオキが優位、ミネウチ・レンカは不利となります。
このボスを倒すといよいよ最後の戦いの地へ向かう事になります。
ラストダンジョンではマップ上に人がおり、彼らは様々な手口でサヤを誘惑してきます。
この誘惑に乗ってしまうと、ラスボスとその部下たちの強さがアップしてしまいます。
全て無視して進めばかなり楽に攻略できるかと思います。
なお、このラストバトルではサヤ以外に4人のキャラが戦う必要があります。そのため、パートナー一人しか育てていなかった場合は少し面倒な事になってしまいます。
そんな時の対処法としては
●「神の毒」戦:レンカに魔反の祈りを覚えさせ、全裸で恋愛成就のお守りを付ければ初期状態でも勝てます。地獄の業火が来る前にメッセージが出るので、メッセージの次のターンに魔反の祈りをするだけです。
●「精霊の王」戦:ミネウチに渾身撃を覚えさせ、それなりに強い武器を装備させればステータスが初期状態でも勝てます。この時、攻撃が外れると魔法で死んでしまう事があるのでAGIの上がるルーンを装備しておくと確実性が上がります。
●「堕天使」戦:イオリ、もしくは最後の仲間がオススメです。クズハではダメのようです。こちらが女性だとステータスが一気に下がり、イオリなどは少し良い防具を装備すればノーダメージになります。
なお、いずれも欲望の罠に一度もかかっていない事が条件です。強い状態のラスボスを倒してもエンディングに影響は出ませんので、面倒な方はこの方法をお試しください。

■その後…
実は、ラスボスを倒した後にもやりこみ要素が用意されています。これ以降に手に入るHシーンは多くないので、それでも良いからやってやるぜーという方のみプレイしていただければと思います。
難易度は一気に、BAROQUPID標準レベルになります。ここまでがぬるすぎる、と感じた方にはちょうどいいバランスになっているかと。
特に裏ボス戦は鬼畜です。負けた時のエロシーンがあるため、Hシーンが目的の場合は勝つ必要はありません。勝つと、ちょっとしたおまけアイテムなどが手に入ります。これを使えばさらに強くなれるため、低ターンクリアを目指してください! 。

キャラ寸評
■サヤ
主人公なので使わざるを得ない。欲望の果実などを優先して使い、オナニーやビデオ出演も積極的に行い、とにかくDPを上げると攻略は一気に楽になる。
フィールド上インサートで簡単に下着を汚せるので、パンツ一丁で町を徘徊し続ければお金は無限に稼げるようになる。
ただしちょっとかわいそうになってくる。

■レンカ
回復特化の僧侶タイプ。他のキャラとくらべて弱そうに見えるためかやや狙われやすい。それを活かして痛みの報復や魔反の祈りなどで、消極的にダメージを狙う。が、基本的にはやっぱり回復役。
一応、地母の誘いという攻撃スキルもあるが、消費DPが激しすぎて使い物にはなりにくい。オナニーや果実などでDPを底上げした上で全裸ならある程度火力にもなれる。
ただし常時全裸はかわいそうになってくる。

■クズハ
MAGだけ上げてれば超強い子。上半身はMAGに影響がないため、ちょっとかわいそうだけど上半身は常に裸で良い。
ただしスカートが破れてパンツが見えた途端に恥ずかしくなってMAGが下がるので、下半身装備には注意してあげよう。また、初期状態ではHPとDPが低すぎるため、早い段階で秘石とお守りでHPを、オナニーでDPを強化してあげたい。初期のままではジャスキーでさえすぐ死んでしまう。

■ナオキ
強すぎず、弱すぎず。サヤ同様の万能型だが魔法職よりの割に物理職系のパラメータ。一応男の子であるため、力がやや強い。あんまり使えない子に見えるけど実はエロ本さえあれば無限にスキルが使えるため、エロ本が確保できればすごく強い。
彼を使うならばエロ本の確保先が重要。

■イオリ
最初からそこそこ強い。町を守っていた「メシア様」だけはあり、埋櫃区の魔物程度なら一人で蹴散らせる。が、彼女の本質はサヤとの絆が上がってから。一緒に戦うほどに味が出てくるので、おっぱいが好きならメインパートナーとして。なお、MAGは一切必要ないため下半身は常時パンツ丸出しでおk。ただし、プライドの高い彼女が常時パンツ丸見えなのはちょっとかわいそう。

■ミネウチ
お助けキャラ。強い。強すぎる。ゲームバランスを無視したほぼ無限のDPはまるで別のゲーム。
ただし魔法攻撃に極端に弱いため、雑魚戦で一気に死にかける事も。SPIを優先的に上げればほぼ無敵。ただし、最大の弱点はビジュアル。それはパラメータにも反映されており、APP(魅力)も極端に低いため、この世界ではクリティカルが全然出ない。

■○○○
お助けキャラその2、とも言える初期能力・初期装備。加えてスキルも、攻撃・回復が一通り揃っており、ビデオ撮影による追加スキルは終盤の金策のための無二の存在となる。処女を失う事は絶対にないので、安心して出演できる。また、転移石とは異なる理で行われる「テレポート」のスキルは地味に便利。彼女も上半身は常時丸出しで構わないが、コンプレックスでもある乳首が隠せないのはちょっとかわいそう。

武器の精錬表

更に細かい設定などはこちら(ネタバレを多分に含みます)



ペンデュラム召喚を神宣してTOPへ戻るぜ!

inserted by FC2 system